記事一覧

永久カレンダーの魅力は、複雑機構に限ったことではなく、機能、デザイン、そしてミッドセンチュリーのロマンがミックスされていることが最大の特徴だろう。

QPの核となるのは常にムーブメントであり、あとはセンスと仕上げにかかっている。ヴァシュロン・コンスタンタンがQPやそのほかの歴史的なキャリバーをどのようにサポートしているのか、その裏話を詳しく知りたい方は、ジャック・フォースターの記事「ヴァシュロン・コンスタンタンが2大クラシックムーブメントを地上から消滅させないために取り組んでいること」をお見逃しなく。

QPの仕上げとデザイン面のストーリーを探りたいなら、さまざまなモデルを深掘りして欲しい。例えば、MB&Fのレガシー マシン パーペチュアルカレンダー、ミニマルなオックス・ウント・ユニオール パーペチュアルカレンダー、モーザーのエンデバー・パーペチュアルカレンダー、ロイヤル オークのスケルトン素材とセラミックなどのモダン素材が融合したモデルなど。

パテックフィリップ コピー グランドコンプリケーション 5271P-001

カテゴリ パテックフィリップ パーペチュアルカレンダー
型番 5271P-001
機械 手巻き
材質名 プラチナ
ブレス・ストラップ ストラップ
宝石 ダイヤモンド
タイプ メンズ
カラー ブラック
外装特徴 シースルーバック
ケースサイズ 41.0mm
機能 永久カレンダー
クロノグラフ
デイ&ナイト表示
ムーンフェイズ
付属品【詳細】 内箱 外箱 ギャランティー
パテック・フィリップの永久カレンダークロノグラフ「5271P-001」。プラチナ製ケースのベゼルとラグ部分には豪華にもバケッドカットダイヤモンドをセッティング。
今までのモデルとの最大の違いは、完全自社開発・製造のキャリバー「CH29-535PSQ」を搭載している点。
各表示の基本的なレイアウトはそのままに、新たに二つの小窓を追加し、昼夜表示と閏年サイクルを表示します。
シースルーバックになっていますので、美しく仕上げられたムーブメントを鑑賞することが可能です。

ハイエンドで伝統的な時計製造と密接に結びついた複雑機構である永久カレンダーは、文字通りあらゆる形や大きさで存在している。個人的には、いつか永久カレンダー付きの時計を所有する日が来るのが待ち遠しいのだが(G-SHOCKとシチズンのエコ・ドライブは別として)、それまでは以下の特集記事をチェックして、パテックの永久カレンダーの系譜について深く掘り下げてみよう。パテックのパーペチュアルカレンダーの歴史、ロイヤル オークの初期の(そして最もクールな)QP、パテック3448 “センツァ・ルナ”の魅力的なバックストーリー、ヴァシュロン・コンスタンタンのオーヴァーシーズ パーペチュアルカレンダーについてのジャックの1週間レビュー、ブルガリのOnly Watchのための1回限りの特別なQPの制作についてなど。

うるう年にはかなわない。


【関連記事】:hacopyブランド コピー 優良店

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー