記事一覧

ジャガー・ルクルトが新宿伊勢丹でポップアップを開催。尾上右近、滝沢眞規子らセレブリティが来場

伊勢丹新宿店で、7月6日~7月19日の2週間「WATCH COLLECTOR’S WEEK」を開催。今年10周年を迎えた本イベントは、「WATCH AND FIND」をテーマに、伊勢丹新宿店 本館5階を中心に、各会場で時計ブランドによるプロモーションを実施します。

人気 ジャガー・ルクルト スーパーコピー レベルソ ワン デュエット Q3348420

サイズ レディース
ケース径 40 × 20 mm
ムーブメント 手巻き
防水性能 生活防水
風防 サファイアクリスタル風防
仕様 2針
付属品 メーカー純正BOXあり
国際保証書あり
ケース素材 ステンレススチール
ケース / 宝石 ダイヤ
ベルト素材 革
ベルトタイプ
ストラップ ベルトサイズ計り方
文字盤カラー シルバー
文字盤タイプ ギョーシェ

本館1階 ザ・ステージでは、ジャガー・ルクルト(JAEGER-LECOULTRE)がポップアップを開催。ジャガー・ルクルトのアイコンピースである「レベルソ」から、「レベルソ・トリビュート・エナメル 」葛飾北斎シリーズの2022年新作を世界に先駆けて伊勢丹新宿店にて先行発売。また、会期中はエングレービング実演や、ウォッチディスカバリーと題して時計の分解組み立て実演も実施します。

また、初日の7月6日には、竜星涼、滝沢眞規子、尾上右近、田丸麻紀も来場し、それぞれの個性に合わせたレベルソとのコーディネイトを披露したほか、普段公開されることがない多くのアーカイブモデルをはじめ、最新の複雑時計、美しいジュエリーピースやエナメル細密画の細やかな技術を堪能し、レベルソが紡いできた幅広い世界観を楽しみました。

アジア芸術に捧げるオマージュとして、<ジャガー・ルクルト>は「レベルソ・トリビュート」の裏面に葛飾北斎の作品を再現したタイムピースを制作。過去には葛飾北斎の『神奈川沖浪裏』や『下野黒髪山きりふりの滝』を再現しており、今回は第三弾となる『木曽路ノ奥阿弥陀ヶ瀧』を手作業によるグラン・フー・エナメルの細密画で生み出しました。熟練の職人が長い時間をかけて生み出すこのタイムピースは、世界で10本のみの生産となります。


【関連記事】:2022流行のロレックス様式変化

コメント一覧